お土産も買って、とうとうロンドンへ向けて出発です!
ちなみに持参してたものとしては、以下の通りですが、ロンドンに来てから
いらなかったなと思うものもあったのでその反省点とともに。

<<荷物編>>
■洋服
・洋服(パンツ3着、上着4着)
・下着(4日分)
・インナー(ヒートテックの長袖を3着、ノースリーブ1着、半そで1着)
・ダウンコート
・スリッパ(部屋用)
・靴(アグとスニーカー)
・スウェット上下2着
・学校用バック
・斜め掛けショルダー

  良かった点
  荷物を減らすために、ダウンとスウェットを着て、アグを履いて行きました。

  斜め掛けバッグは週末に役立ちました。
  学校用バッグは、プリントやテキストを持ち歩くので、割と大き目のバッグがあった方が
  いいかもしれません。

  反省点
  今思うと、ロンドンはお洒落な人が多いので、少しお洒落な所にいってもうかない様な
  &でも歩きやすいフラットシューズと、スニーカーとかが良かったのかな、と思いました。
 
  また学校、地下鉄などは半袖でも良いのではという位とにかく暑くて、
  ダウンに中は薄いスウェットで結構十分だったので、インナーはあまり持ってこない
  方が良かったかもしれません。

■洗面関係
・旅行用シャンプー、リンス、ボディーソープ
・コンタクト用洗浄液
・化粧水、洗顔フォーム
・生理用品
・化粧品
・歯ブラシ、歯磨き粉

  良かった点
  歯ブラシはヘッドが大きい物しかないので、日本から持って行った方が良い気がします。
 
  反省点
  寮に着いてから、どんな場所かわからないのでシャンプーとか買いずらいかな、と思って
  シャンプー、リンス、ボディーソープを持っていきましたが、大体の駅にBoots(日本で言う
  マツモトキヨシ)や、スーパーがあって初日でも買えたので、持って行かなくても良かった
  気がします。
  ただ日曜着の時間によりますが、日曜は割とスーパーが早く閉まるところが多いので、
  フライトの時間にもよるかとは思います。
  (例:Nottinghill gate駅近くのスーパー等は日曜は18時閉店、
    ホームステイ先のEpping駅近くのスーパー等は16時閉店でした)

■電気関係
・パソコン
・電圧変換器
・体重計
・携帯電話(Iphoneとフィリピンで買ったSimフリー携帯)

  良かった点
  パソコンはスカイプで使ったり、調べものをしたり。日ごろスマホしか使わない人は
  不要かもしれませんが、個人的にはあった方が良い気がします。

■学校へ持参する用
・携帯用保冷マグ×2個
・ペン、ノート
・電子辞書

  良かった点
  フィリピンでもそうでしたが、ペンは質があまり良くないので、日本で使い慣れた物を
  持っていた方が良い気がします。

■その他
・お土産
・インスタントコーヒー、お茶パック
・折り畳み傘

  良かった点
  ロンドンはとにかくやはり雨が降るので、折り畳み傘があった方が良い気がします。
  ロンドンでは日本である様なビニール傘は売ってなくて、買うと結構高いし重いので
  日本から軽量の折り畳み傘を持っていくのが良い気がします。

  反省点
  寮では食事の時間はコーヒーやお茶が飲み放題で、携帯マグに入れて部屋に持って
  行っていたのと、ホームステー先でも頂戴できたのでいらなかったかもしれません。

<<お金編>>
■現金
5週間の留学と、そのあと約10日ロンドン&パリ旅行を予定していたので、
10万円ほど両替をしていきました。
ちなみに両替はここを使いました。⇒http://www.doru.jp/

レートも割とよく、何より振り込んだ次の日に速達で届いたので、空港とかで
両替するよりはいいかもしれません。

■キャッスパスポート
入国審査の時に、資金証明が必要と留学先のエージェントに言われたのですが、
私が調べたところ、銀行に直接依頼をしてから三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行
などは大体1週間程度かかるとのこと・・・

資金証明が必要と留学エージェントに言われたのがフィリピン留学中で、
帰国してから1週間後にロンドン出発予定だったで(もっと早く行ってよと
エージェントにちょょっと怒りました)、キャッシュパスポートはすぐに資金証明が
メールで作ってくれるのことで作ることにしました。

私が作ったのはこちら。⇒ http://www.jpcashpassport.jp/

ちなみに、キャッシュパスポートから現金を降ろすと手数料が都度かかる様ですが、
デビットだと手数料はかならないとの事だったので、現金ではなくほとんど
キャッスパスポートを至る所で使いました。

ロンドンは大体の場所でカードを使える端末機があって、スーパーなどは
むしろ現金で買うレジは混みますが、カードで自分で決済するレジは台数も
多いので早く順番が回ってくるし、何より英語でいくら払う必要があるか
聞き取れなくても自分のペースで支払いができるので、ジュース1本買う時でも
キャッシュパスポートのデビットで支払っていました。

なお資金証明を依頼した際は、下記の様に返信が来ましたが、
実際は依頼の一日後に作成してくれました。

★~*~☆~*~★~*~☆~*~★~*~☆~*~★~*~☆~*~★
英文残高証明書申請ありがとうございます。

お送りいただきました申請につきましては、内容を確認の上、メールに
英文残高証明書のPDFファイルを添付して3~5営業日でお送りいたします。
★~*~☆~*~★~*~☆~*~★~*~☆~*~★~*~☆~*~★