グルメや観光ばかり書いていたので、肝心の学校生活に関して
本日は書きたいと思います
といっても、私が在籍したのは15年10月19日~11月20日と5週間だったのですが
在籍中にこのブログが書けなかったので、振り返り的な感じにはなりますが。

初日のレベルチェックテストを受けた後、6段階のレベルに分かれ各教室で
授業を受けることとなります。
教室はこんな感じで、正面にホワイトボードがあり、先生を囲みつつ授業を
受ける形です。
Oxford House College_classroom

私は6段階中最初ちょうど中間の3のクラスとなりました。(1が一番下で6が一番上)
一旦レベルが決まると、2クラスは同じ先生で受ける様です。

私は午前の2クラスだけ取っていたので、その2クラスともに同じ先生でしたが、
午後のクラスを取っている人は、午後の2クラスはまた違う先生だった様です。

ちなみに時間割は、大まかに三部に分かれていて、私は①の時間帯でしたが、
①+②の授業を取っている人か①のみ、もしくは③のみの人が多かった気がします。
 ①9:00-10:15、10:30-12:00
 ②12:30-13:45、14:00-15:30
 ③15:30ー16:45、17:00-18:30

①+②の授業を取っている人は、お昼休憩が30分しかないのが少し辛そう
なのと、別途記載しますが無料レッスンがあるのを知らずに取ってしまったと
少し後悔している人もいました。

授業は、基本的にテキストを中心に進めるという事でしたが、最初はレベルが
簡単すぎるといけないから様子を見て下さいとオリエンテーションで言われ、
2日ほどテキストを買わずにいました。
(使ったテキストはcuttingedgeという教科書のPre-Intermediateでした。)

というのもレベル3の内容では、関係代名詞、過去形など私には少し簡単な
気がしていました。
ただ同じクラスの生徒さんでも、明らかに自分より話せる様な人もいたので
何か私には足りないのだろうと、3日目にテキストを購入しました。(27ポンド)

しかし2レッスン中で使う時もあれば、使わない時もあり、あくまで個人的な意見
ですが、1か月程度の受講であれば買わなくても良い様な気がしました。
(ただ宿題が出たり、復習でも使えるので、あった方がもちろん良いですが)

そして私は2週間受けた後にレベルアップして4になったのですが、
2週間しか受けなかった3のテキストが勿体ないと先生に話した所、
生徒さんに売ったらどうだと言われ、15ポンドで新しくレベル3に来た生徒さんに
私は売ったりしたので、中古で生徒さんから買うというのも手かもしれません。

また後で知ったのですが、テキストに書き込まなければ、無料で新しいレベル
に交換できた様なので、今のレベルが簡単に感じていてレベルアップの予感が
していたら、書き込まずにいてレベルアップの際にテキストを交換してもらうというのも
一つの手かもしれません。