実は私は今フィリピンセブに英語留学に来ています

セブへの留学は実は3回目で、
1回目は2015年7月12日(日)~8月8日(土)の4週間、
2回目は9月13日(日)~10月10日(土)の4週間、その後6週間ロンドン
へ留学へ行き、今回セブは12月6日(日)~12月25日(金)の3週間の滞在です。

因みになぜ1か月ずつ帰国しているかと言うと、就職活動をしたりハローワーク
へ通ったりするために帰国しているからです。

そしてスクールは、1、2回目ともにマクタン島にあるGenius Engulish Schoolへ、
今回はセブ島のCIAというスクールに来ています。
2個セブで約3か月に渡ってスクールに通った経験から、セブでのスクール選びの
私なりのポイントを少しシェアできればと思います!


立地 → 個人的には第一にこれが重要でした。
というのも、私が最初に留学をしようと決めた場所はセブでしたが、
退職後に行く予定で、若干前職で疲れ果てていたので、とにかく
「海が見える学校」
というのが第一条件でした。

ただセブ留学、というと皆さん海が見える所をイメージされると思いますが、
実際私たちが言う「セブ」というのは、いわゆる「マクタン島」というリゾート地
を指していて、感覚ではありますが、「マクタン島」にある学校は全体の内
約2-3割位で、残りは海の見えないセブ島にあるのが多くなります。
なので「海が見える学校」というと、必然的にマクタン島を選ぶ形となり、
1、2回目のスクールはマクタン島にあるGenius Engulish Schoolを選びました。

ただ、合計2か月過ごして思いましたが、マクタン島はメインがリゾート、
海とリゾートホテルしかなく、いわゆる田舎のため、少し飽きてしまっていました。
例えばセブで1番大きいショッピングモールAYALAセンターセブや、
2番目に大きいSMシティーセブへ行くには、マクタン島のリゾート地からだと
1時間近くかかるため、3回目の留学はもう少し都会が良いと思って
セブシティーで探しました。


施設がきれいで、一人部屋がある所 → とにかく虫が嫌いな私にとって
ゴキブリが出ないというのが大前提でした。

また大体のスクールでは一人部屋はあるものの、中には共同しかない所もあり、
さすがに大人女子には辛いと思って、一人部屋がある所を探しました。


マンツーマンの数が多い所 → フィリピン・セブ留学をする人の理由の
一つに、マンツーマンが多いというのがあると思います。
ただスクールによっては、一日4コマしかない所もあれば、8コマある所もあり、
2時間マンツーマンが増えると、例えば1か月だと40コマ分も違うので、
かなり差が出てくると思います。

色々スクールはありますが、大体1日6~10レッスンの所が多く、その内
マンツーマンは4~8コマというのが多かった気がします。

ただマンツーマンも多ければ良いという訳ではなく、全部マンツーマンだと
疲れてしまうのと(特に慣れない英語でずっとマンツーマンだと、最初は相当
疲れるかと思います)、他の人の言い回しなど参考になる部分もあるので、
1日6レッスンだと少ないかと思い、最初のスクールでは1日8レッスン
(6マンツーマン+2グループレッスン)としました。
個人的には、マンツーマンは特に初心者中級なら1日6レッスン位で十分
気がしております。

会話中心か、TOEICやビジネスなど特別レッスンが必要か
→特に会話中心で最初は考えていたので、どのスクールも開催している
会話中心のコースとしました。

今回の3回目の留学では、少しTOEICも受けてみたいと思って(ただ日本で
一度も受けたことがない)、多少TOEICが受けれて、かつ会話も並行して
できるスクールを中心に選びました。

以外と並行してできる所があまりなく、TOEICならTOEIC、会話なら会話、
というスクールが多かった様な気がします。
ただTOEIC中心にやりたいなら、やはり強いスクールがある様なので
そちらを基準に選ばれた方が良い気がします。

スパルタか否か → スパルタの学校は、門限があったり宿題やテストもあり
文字通りスパルタの学校となります。
実は最初のスクール選びでは全くこの点は加味せず選びましたが、
今思うとスパルタでないスクールで良かった様な気がします。

というのも、仕事ではほぼ毎日終電まで働いている様な感じだったので、
18時位までの学校なんて余裕!と思っていたのですが、慣れない環境と
マンツーマンで慣れない英語を話すというので、想像以上に最初の1週間
などは疲れてしまいました。
これでスパルタだと、勉強量的にも結構きつかった気がします。

ただ3回目は、セブ留学というものと、英語にも多少慣れてきていたのと、
また英語力的にももっとスキルアップをしたかったので、スパルタを選び
たかったのでずが、3回目の留学は、「セブシティー」で「モールなどに利便性
が良く」「施設がきれい」で、「TOEIC」もやっているとなると、セミスパルタの
CIA位しかなかったので選択したという理由です。


私は以上の基準で選んだのですが、他の留学に来ている人の話を聞くと、
■日本資本か否か
■年齢層が高めかどうか
というのも結構選ぶ基準としている人が多かった様です。

因みに前者に関してですが、日本資本だと当たり前ですが、ほぼ日本人が
多いというのと、割と初心者の方が多い様です。
マクタン島にあるFirstEnglishや、セブシティーのQQEnglishからGeniusに
移ってきた日本人に話を聞きましたが、全体的にそちらのスクールは、当時は
Geniusより初心者の人が多い印象だった、と言っていました。
(現時点ではわからないですが)

また後者に関しては、とにかく20代前半の人が生徒さんで多いため、
私の様な35歳超えた人はまずいなかったので、特に規則が緩い学校ほど
若い人が多い気がしするので、ここは私も確かに少し感じたので
スパルタを選んだというのもあるかもしれません。


ご参考になれば幸いです!