セブに3回行っている私ですが、毎度荷物が多く、1回目は22キロ+10キロの
スーツケース2つ、2・3回目も23キロぎりぎりでした。
ただ3回ともフィリピン航空を使っていますが、フィリピン航空は23キロの荷物を
2つまで
預けられるので、最悪持って行きたい物は全部持っていけば良い気がします。

今回持って行って良かったものとそうでなかったものを記載したいと思います!

<<荷物編>>
■洋服
・下着×5日分
・上着(半そで)×5枚、(羽織物)×2枚、(タンクトップ)×4枚
・パンツ×4枚
・靴下×3日分
・運動着×2日分
・斜め掛けバック
・靴(ビーチサンダル、スニーカー)

  良かった点
  教室の中や、週末出かける際の移動の車などクーラーがかなり利いている
  ケースが多いので、羽織物はあった方が良い気がします。
  後学校のジムや、ズンバなど私は運動する事が多かったので
  運動靴と服は必須でした。

  反省点
  最初のセブ留学の時は、多少良い服と靴を持って行っていました。
  ただ、なんと洗濯は大体手洗いのことが多いので(両方の学校とも手洗いでした)、
  良い服だと傷むので、2回目以降は本当に安い服しか持っていかない様にしました。
  靴も、道が結構でこぼこしていたりるので、安いビーチサンダルと運動靴があれば十分。
  他の人が履いていて良いなと思ったのですが、海にも入れてでこぼこした道も歩ける
  アウトドア用のサンダルなんかがあると、週末のアクティビティーなどで使える気がします。
  
  因みにロンドン留学の時に、教科書を入れるカバンがあった方が・・・・と言っていたのに
  CIAに行く時には持って行きませんでした。。。
  後でわかったのですが、CIAの時はA4の教科書を5冊位持ち歩いていたので
  (寮も近いのですが、休み時間が5分しかなく取りに帰っている時間はないかも
  しれません。)、結局スーパーで安いリュックを買いました。

■洗面関係
基本はロンドンの時と同じです(→こちら)。
ただ以外と生理用品なんかもそこまで質は悪くないので、セブで買えると思います。

電気関係
これも基本ロンドンと同じ。
因みにコンセントのジャックは、GeniusとCIAの寮どちらも日本と同じでした。

■学校へ持参する用
これも基本ロンドンと同じ。
ただCIAの場合は、書き物が多く、日ごろシャーペンを使わない私ですが、
CIAの時は持って行けば良かったと少し後悔しました。

■その他
・先生へのお土産と袋
・お手紙セット
・携帯マグ
・虫刺されグッズ

  良かった点
  2、3回目の滞在時に持って行っているのですが、最後フィリピン人の先生に渡す
  お土産を100均やドラッグストアなんかで買って持って行っています。
  そしてそれを入れる袋↓と、手紙を書くカードを100均なんかで買って
  持って行っています。
  100kin
  というのも、近くにモールがあっても、正直日本と比べてあまり良い物が売って
  いないし、できれば日本の物をあげたいなと思って、日本から持って行っています。
  またフィリピンでは、綺麗に包装、なんてしてくれないので、以外とラッピング用の
  バッグは重宝しました。

  反省点
  虫刺されのグッズを日本から持って行きましたが、あまり利かなかった気がします。
  現地で買う方が、現地の蚊に合っているのでしょうか・・・・
  安く買えるので、現地で買うのをお勧めします。

<<お金編>>