12月7日(月)、CIA初日です
通常セブ留学では、日曜入寮→土曜退出で、月曜にオリエンテーションや
レベルチェックテスト、両替などをするケースが多くなります。

8時半からダイニングでレベルチェックテストですが、朝食が7時50分までとの事で、
学校に隣接する寮ではなく道路を挟んで真向いにあるオーチャードホテルに
私は滞在していたので、7時半位に朝食を取りに学校へ来ました。

ちなみにダイニングは、学校に入ってすぐの建物(授業が行われる建物)ではなく、
そこを横切って→プールを横切った先にあります。
CIA_dining

朝食の後30分位待つと、新入生と思われる人がダイニングに集まり、
フィリピン人スタッフからテストの説明を受け、テストは8時半からスタートしました。

テスト内容は、①リスニング、②選択式問題(文法&単語、Reading)、③Writing、
④Speaking の主に4構成で、全部で1時間半位かかりました。

リスニングは1回しか流れず、かなり難しかったです
そして②の内容に結構時間をとられてしまい、③Writingまでいかずに終わって
しましました
スピーキングは、数名の先生が待機していて、筆記を行っている間に3-5分位
簡単に会話をして終わりました。

テストの後は、日本人スタッフさんが施設を案内してくれ、その後昼食となります。

昼食の後は、日本人スタッフさんが学校近くのJモールへ両替に連れて行ってくれます。
因みに前の留学先Geniusの時もでしたが、大体初日に両替所に連れて行って
くれる場合が多い様なので、日本から両替はほとんどしなくても良いかとは思います。

両替から戻った後は、日本人だけに分かれて、14時から16時位まで
オリエンテーションが行われます。
Geniusの時は、それこそ30分位でオリエンテーションが終わったので、
何をそんなに話すことがあるんだろう・・・と最初思いましたが、
始まってからその理由がわかりました

というのも、セミスパルタスクールというのもあって、校則がかなり多くあり、
その説明に時間を取られるからです。
門限、学校から外への入退室の仕方、洗濯、食事、先生の交代の仕方...等
慣れてしまえば平気ですが、最初は少し覚えるのに時間がかかりました
ただこう言った規則があるからこそ、勉強せざるを得ないので、
英語の勉強を本当に考えている方には、やはりスパルタの学校は良いかも
しれないですね。

そしてオリエンテーションが終わった後は自由時間です。
私は同じ日に入ったバッチメイト(同級生)と一緒に、生活用品を買いにJモールへ
行って、夕食を食べてその日は終わりました。

あ!早速ですが、当日テスト結果がわかりました。
私のクラスはレベル6のIntermediate(10段階中10が一番上級で、1が一番初級)。
CIA_test

全然できなかったリスニングと筆記が足を引っ張っていますね・・・
そしてレベルに合ったテキストをもらって、翌日からさっそく授業が開始です!