本日はCIAの時間割りと教室について書きたいと思います!
CIA_schedule
CIAはの時間割りはこの写真の様に、月から木が50分単位、金曜のみ
短縮授業で45分ずつになっています。
マンツーマン、グループなどの順番や内容は人によって違うのですが、
一日8コマ授業+2コマ自習というのは全員同じな様です。

私はTOEIC Bridgeコースと言って、ESL(一般会話)コースが6レッスン
(内4コママンツーマン+2コマが少人数のグループ)に2レッスン分TOEICの
グループクラスというコースを受講しました。
今まではGeniusでもロンドンでもESLのコースしか受けてなかったのですが、
転職活動を再開する際に、この求職期間にずっと海外で遊んでいた感じになるのも
あれだったので、TOEICでも取ってみようと思ったのがこのコースを選んだ理由です。
とは言え、生まれてこのかた一度もTOEICを受けたことがないため、会話がメイン
であるこのコースにしてみました。

CIA_selfstudyroom
そして授業以外で毎朝8時10分までに、単語テストを全員受ける必要があります。
写真の自習室で、初心者と中上級者用2種類のテストがあり、該当するテストを
自分で取り回答します。
最初はどんな内容なんだろう!とドキドキしたのですが、毎日10単語で
また選択式ではあるので、テスト自体はそこまで大変ではなかったです。

私の場合、第一弾の授業は自習だったので、単語テストの後は同じ部屋で
いつも自主していました。
この単語テストと自習は、強制してやらないといけないので、こういう環境が
あった方が英語の上達にとっては絶対良いですよね

その後のグループはESLは2コマあり、2つとも私を入れて2~4名位の生徒が
来る事が多かったです。(同じ生徒なのですが、休む人がいたので)
教室は時間になるとその決まった部屋に生徒が向かう形で、グループはこんな
感じの部屋で割とさっぱりしていますが、
CIA_groopclass

マンツーマンは先生ごとに生徒さんとの写真を飾ったりしてあるので
その写真やコメントを見ていると、先生の雰囲気がわかったりします。
CIA_mantoman

ちなみにCIAは授業と授業の間の休憩時間が5分なので、結構ばたばたです。
トイレに行くのも並んでたりすると行けなかったりするので、
私は自習時間に行くとかしたりしていました。
というのも、Geniusと違って先生の数が多く(正確な数はわからないのですが
100人以上はいると言っていました)、教室数が多いので、最初1週間は
教室が覚えられなくてちょっとばたばたしてしまったからです。

以上、時間割と教室についてでした!