CIAのESL(一般会話)マンツーマンについて今日は書きたいと思います

CIAの一般会話は、申し込んでいるコースによってマンツーマンの
数が違ってきます。私はTOEIC BRIDGE といって、ESLが6コマ(
マンツーマン4コマ、1:4のグループ2コマ)と、TOEICのグループ2コマ
を受講していました。

ESLのマンツーマンでは、基本2コマ分同じテキストを使う様で、 
私はReadingAdvantage3と、ExpressYourself1というテキストを使って
2コマずつレッスンを受けることとなりました。
CIA_textbook
しかしながらなんと中を開けてみると、ReadingAdvantage3とExpressYoureself1
ともに以前の学校Geniusでも使っていたテキストで、特にReadingAdvantage3に
関しては20ユニットの内13ユニットまですでに教わっていたので、
追加で4のテキストも並行して学習することとしました

ReadingAdvantageの授業と先生に関して
各ユニット毎A4程度1枚の読み物に対して、文中に含まれる単語やイディオムを
理解したり、文脈を理解するといった内容のテキストです。

こちらを使った先生は2人いたのですが、結論1人の先生が個人的にはあまり
合わなかったので、1週間たって変えることにしました。
というのも、授業中ずっとあくびをしていたり、私の答えが合っているのにずっと
間違えていると言って後で訂正したり、残念ながらあまりやる気を感じなかったからです
ただ同じ先生を取っている他の生徒さんに聞いたところ、特に問題はない様で
人によるのかもしれません。
この先生を変えてTOEICをいつも教えているという先生に、2週目から変える事としました。
するとかなり厳しい先生で、間違えを直されたり、単語テストの内容を再度説明
させられるなどしたので、個人的には勉強になって変えて良かったです。

もう一人の先生は、あまり何かを積極的に教えるという感じはしなかったのですが
性格的にはあまり悪くはないので、そのまま続けて受ける事としました。

ExpressYoureselfの授業と先生に関して
こちらもA4の1枚に書いてあるトピックに対して、その名の通り自分の意見を
述べるという内容の授業でした。

こちらの先生は、一人はゲイの先生で生まれて初めてゲイの人と私は話したので、
個人的には興味深々で受けてました
ただ単語の意味を聞くと、毎回「辞書で調べたら?」という感じで、個人的には
英語で意味を聞きたかったのでその点は少し残念でした。

もう一人のExpressYoureselfの先生は、病気でずっと休んでいて、
代わりのサブティーチャーが1週間ほど教えてくれていましたが、その先生は
予めトピックを用意してくれていたり、個人的にはとても良い先生でした。
結局ずっとその先生は休むと言われて、2週目からIELTSを教えていてCIAに
3年ほど勤務している先生に代わって教わることになりました。
やはりこの先生も、厳しいという感じではないですが、間違えをきちんと直してくれたり
やはりとても勉強になりました。

まとめ・・・
2人結局会話の先生を変えましたが、変えたら良くなったのと、他グループで
受けているTOEICの先生も良いので、ESLの先生は少しあたり外れが
あるかもしれません。
と言うのも、TOEICやIELTSを教える事ができる先生の方がお給料は高いみたいで
(Geniusもその様でした)、その分先生の質も高い気がします

ただ私の場合は、できれば間違えを直してもらったり、新しい言い回しを習いたい
という要望があったので、人によっては楽しく会話ができればという生徒さんも
いたので、その辺の好みは人によるかとは思います。

そして先生の変更は、CIAは週に1回しかできず、また4週間以上滞在している人は
最初2週間待たないといけないみたいなので、その辺がもう少し短いタームで
できると良いなぁと思いましたが、生徒さんの人数も多いので、現実的には難しい
のかもしれませんね