本日はCIAのグループレッスンについて、書きたいと思います!

私はTOEICブリッジというコースを取っていたので、グループはTOEICが2コマ、
ESL(一般会話)が2コマありました。
バッジメイト(同じ時期に入学した友人)達は、ESLのコースだったので、
こちらもコースによってグループの数は違いましたが、最低2コマか4コマの
グループの人が多い様でした。

またESLのグループレッスンもマンツーマン同様にレベルによってテキストが
違っていて、私はCuttingEdgeとClockwiseというテキストをそれぞれのクラスで
利用しました。
CIA_Textbook

ExpressYourselfの授業と先生に関して
レベル別利用テキストを見ていると(下記画像参照)、私はレベル6だったのですが
どうやらレベル5のテキストだった様です。
CIA_textrank
他クラスメートは、レベル5の韓国&ベトナム人一人ずつと、レベル6の韓国人一人
だったのもあり、内容的にも正直かなり簡単ではありました。
主に文法を習っていたのですが、時制の現在・現在進行形・過去計・現在完了形
位しか習えなかったので、もう少し難しい内容が良かったかなぁと思いました。

Clockwiseの授業と先生に関して
ボキャブラリーや文法などを学習するテキストなのですが、私が滞在した3週間で
3ページしか進みませんでした・・・
ただ悪い意味ではなく、1週間の内テキストを使うのが2日で、残り3日は
イディオム、ゲーム、リスニングをやっていたのであまり進まなかったのが理由です。

こちらのクラスは、レベル7と6の韓国人の生徒さんがそれぞれいたのですが、
特にリスニングの授業などはかなり簡単だったので、こちらももう少し難しい内容が
良かったです・・

TOEICブリッジの授業と先生に関して
TOEICブリッジは、2レッスン連続で同じ先生&生徒さんで受講しました。
この授業が個人的には一番勉強になった気がします

生徒さんは日本人・台湾・韓国人それぞれ一人ずつと私で合計4名でした。
レベル的には6と5の人でしたが、順番にあてていくのでできない人を待っている
という時間が少なく、どんどん授業が進んでいくのが個人的には良かったです。

授業の流れとしては、模擬テストを受けてその答え合わせをするのを月~木まで
行って、金曜は2時間テストを受けるという繰り返しでした。
因みに金曜に受けたテストに関しては回答はせず、点数が良い順に(といっても
3位までですが)張り出されます。

まとめ・・・
ESLの会話のクラスは、生徒間のレベルの差が激しい気がしました。
ただグループを教えれる先生は、通常のESLのマンツーマンの先生よりも
レベルが高い様で、両方ともIELTSの先生が担当してくれていて
キャラクターとしてはマンツーマンの先生よりは良かったので、
そのまま受け続けました。

また私のバッジメイトは、ネイティブのクラスやCNNのヒアリングクラスを
取っていましたが、そちらは良いという声もありましたので、
生徒さん通しで情報交換してクラスチェンジするのもありかもしれませんね。